地元バンクと共に生きる

大阪なら関西アーバン銀行

就活生の評判と人気

銀行への就職に関しては、三井住友銀行が非常に高い人気就職先となっています。そのため三井住友銀行の傘下である関西アーバン銀行にも影響を与えています。就活中の大学生向け就活サイトによると、関西アーバン銀行は従業員数約2500人、平均年齢40歳、平均年収600万円となっています。売上高や営業利益は若干下降傾向にあるものの、ほぼ横ばい状態です。年収は業界全体の平均よりも低いですが、規模の小さい第二地方銀行であることを考慮すると、かなり健闘していると言えます。

関西アーバン銀行を志望する理由で多いのは、やはり地元愛です。もともと地方銀行や第二地方銀行は本店周辺の地元に重きを置いた経営が基本なので、大阪を中心に関西出身の学生にとりわけ人気があるのです。面接で話す動機も地域還元に魅力を感じているから、というのが多いです。さらに三井住友銀行の子会社ということで、昨今の安定志向にもマッチしており、安心して志望する学生も多いです。

人材育成において、関西アーバン銀行の新行員は目的やキャリアごとにあらゆる研修を受けることができます。入行前にビジネスマネー研修や資格対策研修を受け、1年目は新人・端末・渉外・融資・財務・窓口・リスク商品販売の研修を受けます。さらに年数を重ねるごとに応用編の研修を受けるようになります。これらの研修以外にも、自己啓発用の受検対策セミナーや公益資格取得の奨励、トレーニー制度などがあります。第二地方銀行らしくご当地検定の取得も奨励しています。

女性の社会進出が著しい現代では、出産や育児に関する企業のサポートが欠かせません。関西アーバン銀行でも結婚休暇や産前産後休暇、育児休暇、看護休暇などを提供しています。休暇以外にも、相談窓口を設置したり健康保険組合との提携によって支援サービスを提供しています。このように潤沢な支援体制を整えているため、女性の就職先としても人気が高まっています。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪