地元バンクと共に生きる

親和銀行のメリット

親和銀行の外貨預金

外貨預金は円預金よりも高い利息で利用できるということで人気の高い商品です。厳密には金利というより為替差益による利益ですが、円の定期預金の金利がパッとしない現在、人気が徐々に高まっています。為替差益によって利益を得る仕組みはFXでも共通ですが、運とタイミングによって利益に雲泥の差が出てしまいます。そのため外貨預金は円預金とは違い、投資信託のように慎重な運用が必要となります。

親和銀行ではアメリカドル・ユーロ・オーストラリアドル・ニュージーランドドルなどの通貨を取り扱っていますが、どれでもいいというわけではありません。外貨はそれぞれの国の経済などに影響を受け、特徴があるのです。世界各国の通貨の中でもとくに安定しているのは三大メジャーカレンシーと呼ばれるアメリカドル・ユーロ・日本円です。外貨預金やFXにおいてはこの3通貨の取引が多く、南アフリカランドのような新興国通貨もありますが、高金利の代わりにリスクが高くなってしまいます。

親和銀行では外貨普通預金と外貨定期預金の2つを扱っています。外貨においては、普通預金と定期預金の違いが円預金よりも明らかです。とくに定期預金の場合は満期日に利息が支払われるわけですが、円高や円安という為替の状態によって利益がマイナスになってしまうこともあるのです。

基本的には預けたときよりも円安のときに引き出すと得をして、円高になってしまうと損をする仕組みです。しかし為替の動向を読むのは難しいため、できるだけ分散して預金するのがオススメです。とはいえ親和銀行の外貨定期預金は基本的に中途解約できないので、不安な場合は外貨普通預金にしておくといいでしょう。

ちなみに外貨預金は通貨の種類や預入・引出の方法によって為替手数料・振込手数料が異なるため、あらかじめ計算しておくことができません。そのためキャンペーンなど手数料が安くなるタイミングで口座開設したり、インターネットバンキングのように手数料が安くなるツールで振り込んだりするとコストが減ってお得に利用できます。

●●● 地元バンクと共に生きる ALL RIGHTS RESERVED ●●●

designed by makehomepage [PR]ホームページ制作 格安 [PR]ホームページ制作 大阪